RanQ


化粧水や乳液は使う順番で効果が変わる!スキンケアの正しい順番

  • Thumb dh5fpxbv0aatr03
  • 1
  • 1844View

化粧水や乳液の違いわかんないけど肌にいいって聞くしとりあえず高い化粧品塗ってるあなた!

お金の無駄です!

間違った使い方をしていると効果がほとんど出ないのですごく無駄になります!

 

こんなこと言っている私ですが過去に1本5000円する化粧水のみを使っており、適当にバシャバシャつけていたので全く効果がありませんでした。

そこで詳しく調べて1本2000円の化粧水と乳液を正しく使うことで肌が綺麗になりました!

正しく使うとこんなに効果が違うんだと実感しました。(あと、値段も安くなってかなりお得)

 

あなたが私のようにせっかく買った化粧水や乳液を無駄にしないためにも、今回は化粧水や乳液の性能と使用する順番について説明します。

 

1 化粧水の性能

みなさんの化粧水のイメージは肌の水分補給だと思います。

それは間違えです。

化粧水の役割は肌の調子を整えることです。

実は化粧水には水分補給する効果はほとんどありません。

化粧水で外から水分を補おうとしても肌の奥まで浸透しません。肌の表面だけ浸透して残りは蒸発してしまいます。

化粧水はほとんどが8割以上が水です。

水をただバシャバシャと肌につけていても肌は潤わないですよね。

 

なら化粧水ってなんの意味があるのってなりますよね。

先ほども言った通り、化粧水は肌の調子を整えます。詳しくいうと肌の角質層の調子を整えます。

角質層の調子が整うと美容液が浸透しやすくなります。

つまり、美容液で角質層に栄養を入れる前の下準備が化粧水というわけです。

 

 

 

2 乳液の性能

乳液は化粧水が蒸発しないように蓋をするイメージだと思います。

これも間違いで化粧水や美容液に含まれる保湿成分により潤った角質層の水分が逃げないようにするものです。

乳液は、保湿成分の働きのお手伝いをするイメージです。

 

化粧水や乳液の性能は大体分かったと思うので次は正しい使い方を説明していきます。

 

3 正しいスキンケア

大事なポイントをまとめると

 

・化粧水はたっぷり使うこと

・皮脂の量に合わせて乳液の量を変えること

・季節や肌の調子に合わせてケアを変えること

 

この3つです。この3つについて詳しく説明します。

 

化粧水はたっぷり使うこと

化粧水は安くてもいいのでバシャバシャ使ってください。

高いものを買ってちびちび使うより安くて多いものを買って贅沢に使ってください。高い化粧品より安くなりますし、効果も十分ありますし、何より贅沢に使っているので心理的にも楽しいです。

化粧水を使う際は綺麗な手で使ってください。汚いと肌に雑菌がついてしまうのであまりよろしくないです。

 

皮脂の量に合わせて乳液の量を変えること

顔のパーツごとに皮脂の量が変わってきます。

ニキビのできやすいTゾーンは皮脂が多く、口元などは皮脂が少なく乾燥しやすいです。

皮脂の多い場所に乳液をたくさん塗るとニキビの原因にもなるので、気をつけてください。

乾燥してやすい部分には化粧水も美容液も乳液もたくさん塗ってあげてください。

それぞれの肌の状態にあったスキンケアをしてください。

 

ちなみに男性の場合、皮脂が出やすいので乳液はかなり薄めに塗るのが良いです。

 

季節や肌の調子に合わせてケアを変えること

肌の調子や季節の変化にも合わせてスキンケアを変えてください。

夏はベトベトしやすいので乳液を塗らなかったり、冬は乾燥するのでたっぷりつけあげるなどその時の状態に合わせてスキンケアをしてください。

また女性の場合、生理前や生理中は肌の状態が変化しやすいので気をつけてください。

 

 

 

スキンケアの順番としては

クレンジング→洗顔→化粧水→美容液→乳液→クリーム

の順に行うのがオススメです。

基本的には水分の多いものから油分の多いものの順にスキンケアを行うのが正しいです。

 

 

いかがでしたか。

自分の肌の状態と化粧品の効果を理解した上でスキンケアを行うと効果は倍増します。

肌の種類とスキンケアの注意点

こちらに肌の種類とスキンケアの方法について詳しく書いてあるのでぜひ参考にしてください。

正しいスキンケアをして美しくキレイに!!

Thumb dh5fpxbv0aatr03

GBF

Girls Beauty Face 主に女性に役立つ美容情報について書いていきます。 https://koreanbrand.hatenablog.com 最近ブログ始めました。合わせてみてください!!!