RanQ


良い介護施設、悪い介護施設の見極め方

  • Thumb thumb illust 52
  • 1
  • 1014View

介護施設と一言でいっても様々な種類があります。

でもはじめて利用する場合、どんな施設が良いのか、何を基準に選べばいいのかよく分かりませんよね。

入ってからでは中々気付かない事もあります。

良い介護施設を見分けるポイントをまとめてみました。

 

1、職員の利用者に対する接し方

一番のポイントはこれだと思います。

職員が利用者と同じ目線で話をしているか、業務的な会話だけで終わっていないか

話しているときの利用者さんの表情は明るいかなどを見てみましょう。

 

2、食事や排泄に対する考え方

すぐに介助してしまうのではなく、出来ることは自分でやってもらっているかどうか。

食事介助は最小限にされているかどうか。

過剰な介護は利用者の主体性を奪い、認知症を進行させてしまいます。

 

3、開かれた施設かどうか

見学は可能かどうか。そして自由に見学できるかもポイントです。

中には見学NGの場所もあるようですが、そのようなところはおススメ出来ません。

また利用者さんが地域の人たちと交流している、よく散歩や外食など外出の機会をしっかりもっていることも大事です。

 

4、お風呂の構造に注意!

大きな施設だと機械浴があり、歩行の難しい方や車いすの方が入りやすい構造になっています。

これ自体は問題ではなく、普通の浴槽では中々難しい利用者さんもいます。

チェックすべきところは一般の浴槽もあり、しっかりと使われているかどうか。

中には必要のない方にまで機械浴を使用しているところもあります。

もちろん入浴中の様子は見ることは出来ませんが、一般浴があるかどうかだけでもチェックしておくといいでしょう。