RanQ


なぜ受験に勝つ人は英語の単語を覚える本に『鉄壁』を選ぶのか~東大生支持率No1 

  • Thumb img 7535
  • 4
  • 4586View

↓私が書いた本はこちらからチェック!↓


クラスで下から三番目だった私が東大に合格できた 大学受験 成績爆アゲ勉強法

~~~~~~~~~~~~

 

皆さんこんにちは!現役東大生のヒデキです!

 

受験を乗り越えるのに必須の武器となる英語力。

英語力を鍛えるために、まず単語から覚えるぞ!って威勢よく家を飛び出したとしても、

予備知識がないまま本屋の参考書コーナーにいくと、売ってる英単語の本が多すぎて、いったい何を使えばいいのかわかりませんよね。

 

また、たくさん売っているからといって、(英単語帳は何冊もやらなければいけないのか・・・)と勘違いして、

とりあえず一つの単語の本を中途半端にやり、

飽きたところでまた別の英単語の本を中途半端にやり、

結局残ったのは穴だらけの中途半端な英単語力だけ・・・なんてことになってしまう受験生も多いです。(高2のときの私のことです。(T-T))

 

 

ですが!

 

あるとき、先輩の紹介で『最強の英単語帳』に出会い、

その一冊だけをやり抜くようになってから、私の英単語力は激変しました!

 

その英単語帳は何かと言うと・・・

 

これ↓

 

『鉄壁』ですっ!!

あなたの周りにもちょくちょく受験勉強をする人がでてくるころとなれば、

友達が持っているのを見たことがあるって人も多いのではないでしょうか?

 

今回は、他の単語の本にはない、この『鉄壁』の魅力を紹介します!

1 そもそも英語の勉強に必須らしい鉄壁って、どういう単語本?

そもそも、『鉄壁』ってどういう本・・・?

という人のために、最初にざっくりと説明しますと、

 

英語の基礎的な単語からやや難しい単語までしっかり網羅しつつ、しかも英単語に対するネイティブのような”言葉のセンス”を身に着けられる最強の本が、『鉄壁』です!


鉄緑会東大英単語熟語 鉄壁

 

 


鉄緑会東大英単語熟語鉄壁 [ 鉄緑会英語科 ]

 

こちらの本は『鉄緑会』という、都内の進学校の生徒なら知らない人はいない、抜群の東大合格実績を持つ塾が出している本です。

(余談ですが、ここの塾には基本的には指定された都内の進学校の生徒しか入ることができません。ただの東大合格率が高いのはもちろん、東大の医学部への進学実績も群を抜いていることを考えると、日本で一番レベルの高い塾と言い切ってもよいでしょう。)

 

東大生から圧倒的な支持率を誇る本ですが、

そのわかりやすさ、覚えやすさから、東大を受けない受験生にも確実にオススメできる本となっています!

 

『鉄緑会』の出している鉄壁が持つ、大きな2つの特徴を紹介します!

2 英語の語源まで踏み込んで考える本。

他の単語帳と何が違うかというと、まず、英語の単語の成り立ちについての解説が段違いに詳しく書かれています!

 

例ばpredict(予言する)という単語なら、普通の単語帳ならただ英語と日本語の意味が書いてあるだけですが、

鉄壁には

「preが"前”という意味で、

dictが”言う"という意味。

 

predictは 前に/言う で予言する、といった意味の英単語である」

という情報が詳しく書かれているんですね。

 

この英単語の成り立ちへの理解が、英語の感性を磨いてくれるのです!

 

 

英単語の語源をだんだんと理解していくにつれて、

「preferっていう単語はpreが”前に”で ferが”置く”という意味だから、前に置く、で、日本語訳っぽくすると”好む”になるのか。」

「benedictionはbeneが”良いこと”で dictが”言う”だから、良いことを言う、で、祝福って意味になるのか。なんとなくわかるぞ!」

 

といった感じに、ネイティブのような英語の感性が養われ、英単語が格段に覚えやすくなります!

3 単語のイメージを一発でつかむことができる豊富なイラストがある珍しい本

また、ほかの本にはないもう一つの特徴として、『単語のイメージが一目でわかるイラストが載っている』というところもポイントです。

これのおかげで、まず一つ、『単純に単語が覚えやすくなる』というメリットがあります。

(vagueってなんて意味だっけ・・・)となったときでも、鉄壁のこのイラストが頭に浮かんでくれば意味を思い出すことができますからね。

 

もう一つ、『英語の言葉のニュアンス』をしっかりつかむことができるので、英語長文を読むときにもただ字面を追うのではなく、頭の中でイキイキとしたイメージを思い浮かべながら内容をしっかり理解できるようになります!

 

4 嬉しい副作用!? 鉄壁は、単語を覚えているうちに『頭がよくなる』本!英語以外の科目にも効果あり

鉄壁は類義語や対義語をまとめて覚えたり、単語のイメージをしっかりつかんだり・・・と

ただ機械的に覚えていくのではなく、単語同士を相互に関連させて、『英単語のネットワーク』を自分の頭の中に作りながら覚えていくようになっています。

 

実は!この『自分の頭の中にネットワークを作ること』というのは、

『頭のいい人の脳の使い方』そのものでもあります!

 

鉄壁をすすめていると、頭の構造がだんだんと『賢い頭』へと組み変わっていきます。

 

鉄壁をやっているうちに身につけた『頭の使い方』を活かせば

他の科目(たとえば世界史など)の勉強をするときにも、短い時間で大きな成果を出せることでしょう!

 

 

ということで、今回は英語を学ぶときの最強の単語帳『鉄壁』の紹介をしました!

 

 

 

無理なく英単語を覚えられるようになっている二つの特徴を活かし、嬉しい副作用にも期待しつつ

ただ単語の意味を覚えるのではなく、しっかり言葉のニュアンスをつかんで、『生きた英語』として単語を操れるようになることを目指しながら覚えていきましょう!

 

 

鉄壁を用意したはいいとして、

私の書いた本では、効率よく英単語を暗記していくための効果的な方法が載っています!

 

スマホで普通に読めます!iPhoneでもAndroidでも。

しかも、コンビニ支払で簡単に買えます。高校生だからカードは持っていなくてもOK!

受験のお供に1冊、ぜひどうぞ(^o^)/*

 


クラスで下から三番目だった私が東大に合格できた 大学受験 成績爆アゲ勉強法

Thumb img 7535

東京大学の二年生。文科二類 現役のときから東大模試でA判定をとるも、 本番で0.2点足りず、もう一年、受験生をやることに。(悔しかった!) そこからさらに力をつけ、秋の東大オープンで、文科二類を志願する1000人強の中で9位をとり 2016年に無事合格、晴れて東大生に。 今でもテスト期間に使っている私の勉強法を凝縮した本は ↓こちらからチェック!↓