RanQ


モテない男子が信じ込んでいる【マメな男がモテる】という嘘を論破する

  • Thumb %e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88 2018 03 24 11.46.24
  • 3
  • 2819View

 

 

これからお伝えする記事は、歌舞伎町No1ホストが教える〜たった7日間LINEだけで女性を落とす心理戦略〜の第4項と核心についてはほぼ同じ内容になっていますので、すでに読んだよ〜って方は読み飛ばして頂いても大丈夫です。

 

ではなぜ再び取り上げるかというと、2つ理由があります。

 

①前回の記事が5738文字とけっこうな大ボリュームなので時間ない人向けに

②本当に大事なことなのでモテない男性のために2回言いたかった

 

という理由からです。

 

なので、モテないとお悩みの男性であれば、まずこの記事は確実に読んでおきましょう。

今までの自分の浅はかさに、気づきを得ることができるのではないかと思います(←なんか上から目線でごめんなさいm(._.)m)。

 

さて、今回の核心部分であるマメな男はモテるのかというテーマですが

 

結論から言うと、マメな男がモテるというのは嘘です。

 

歌舞伎町で今までに述べ10000人以上の女性(時にはゴリゴリの男性)を接客し、1日に120人多い時は180人ほどのお客様と毎日連絡を取り続け、7年に渡り水商売の世界に身を置いていたNo1ホストの私が断言します。

 

私のこれまでの実体験を例にしてお話しすると、歌舞伎町のホスト時代、女性にマメにしたから、それが理由で指名が返ってきたということはありません。

むしろこちらがマメにして、女性もマメだった場合、一日でやりとりしている回数は一番多いので、一見女性は自分のことを気に入っているように感じますが、そういう人が指名で返ってくるというのはほぼありません。

こちらがマメにしても、返信が早い人ほど絶対にお店に来ないです。つまり好きになってもらえていない落とせていないということです。

 

これは一体どういうことなのでしょうか?

 

まずみなさんの一般的な認識では、マメな男というのはラインのレスポンスが早いといったイメージではないでしょうか。レスポンスが早いということは、やりとりしている女性も返信が早いということですよね。

 

んん!?

 

と思ったあなたはなかなか感が鋭いです。すでに何か違和感を感じている証拠ですね。

今回の私の水商売時代の実体験のケースを例にたとえるなら、レスポンスが早い=あなたがマメではありません。

マメなのかもしれませんが、実際は女性側もマメでないとマメという構図が出来上がりません。3日後に返信をしてくるような女性に対して即返信したからといって、「俺ってマメだぜ!モテるぜ!」とはなりませんよね。

 

つまり何が言いたいかというと、マメにしたから相手があなたのことを好きになったわけではなく、相手がもともと携帯依存症だった可能性が高いということです。

 

携帯依存症の人は、連絡がきたらすぐに返信するというのがクセ付いています。ヒマだから早く返すという理屈なので、決してあなたのことが好きというわけではありません。誰に対してもそうなのです。

そういうネット依存している人は、例えば、ニコ動だったりツイキャスだったり好きなアイドルだったりマッチングアプリだったりと、とにかく携帯の機能をフル稼働して、ラインだけでなく仮想、現実関わらず様々な異性と出会い関わっているパターンが多いです。ある意味多趣味ではありますが、人生が無駄に満たされているので、よほどストライクにハマらないとあまりそこに入る隙間はないと思います。

 

あるとしても、仕事いつしてるんだというくらい返信が早く、ヒマを持て余してそんな生産性のない生活を送ってる女は嫌ですよね(笑)私は少なくとも嫌です(笑)

 

極端な例で少し話がそれましたが、まずはマメにしたからモテるといった勘違いをしないようにしましょうということです。

 

では女性が言うマメな男とは本来何を指しているものなのでしょうか?

 

よく女性が言う「マメな人がいい」というのは、好きな男にはそうされたら嬉しいということを言っているのです。

 

好きでもない彼氏でもない間柄や、まだ出会ったばかりとか友達の関係性であるなら、必ずしもマメな方がいいということはありません。

これをモテない男性が勘違いしてしまい、下手な恋愛本やネットで広まり、マメな男がモテると思い込んでいる男性陣がけっこういるので困ったものです。

 

じゃあどうすればモテるんだ?というのがみなさん最大の関心ごとかと思います。

 

マメさではなく、女性のタイプに合わせたベストな連絡するタイミングや頻度を掴みましょう。

 

具体的にいうとズバリそれは、女性の返信間隔に合わせるというのがモテる男やできるビジネスマンがやっていることです。

 

ラインの返信をする際、相手の返信間隔に合わせてあげると、心理学的に女性は親近感が湧き、好印象なイメージを与えることができます。

たとえば2、30分で返事がきたなら2、30分後に返信、2、3時間なら2、3時間後に返信をするといった具合です。

 

これを心理学用語で、ミラーリング効果といいます。

 

これがもし、毎日仕事が終わった後にラインを返してくれる女性だったとします。返信頻度が1日置きという女性に対して、きたら速攻で返信を返すということやってしまうと当然、必死だなこいつ、ガッついてる、狙われてる、と気持ち悪がられてしまいます。そんな女性の思いとは裏腹に、モテない男性ほどマメにすれば他の男よりモテると謎の思想になっています。

相手を好きな気持ちはわかりますが、あなたの価値をわざわざ下げるようなことがないようにしましょう。

 

時間間隔は基本的に女性と同じか少し遅いくらいにして、相手の女性にきちんと興味があり向き合ってはいるが、それほど夢中になっていない、好きかどうかわからないという感じを出し、余裕のあるモテる男を演出してください。

 

もはやある意味マメな男よりマメだと思います。なのであながちマメな男でも間違いありませんね(笑)

 

あなたがもしここまで読んだ段階で、「それはイケメンだからそんな上手くいくんじゃ」とか「わしはブサイクじゃけん無理」とか「そんなことしてたら他の男に盗られるだろアホちゃうのんか」とか思っているネガティブ男子は、こちらの歌舞伎町No1ホストが教える〜モテる男の条件とは〜を読んでからこちらに戻ってきてください。

NewsPicksでも紹介されたほどの良記事です(←自分で言う)。

 

きっとあなたの力になることができるでしょう^^

 

1点注意をしていただきたいのが、ラインが急を要する内容だった場合、話はまた別になってきます。

 

たとえば、女性が予定を早く決めたい時などの日程に関わる約束事などです。

その場合はむしろ早めに対処してあげることで、女性も安心することができますし、気遣いができる男と好印象を与えることができます。

ラインの送信タイミングや頻度は、意外に男性の多くは軽視しがちですが、重要なことなので常に心がけてください。

 

マメという言葉の意味をみなさんはちゃんと認識できていましたか?

マメな男としつこい男を履き違えないようにしましょう。

 

マメというのはただ単に連絡のレスポンスが早いということではありません。記念日や誕生日、その女性にとって大切な事柄、それら全てにアンテナを張り巡らせ、女性心理を理解し、気を利かせられるいうのが本当にマメなモテる男ということなのです。

 

世間で言われているマメな男は本当はモテない

 

信じるか信じないかはあなた次第です。

 

Thumb %e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88 2018 03 24 11.46.24

恋活・婚活・パパ活や心理学を専門分野にマーケティング研究しております☆銀座高級クラブホステスや歌舞伎町No.1ホストなど、マイクロインフルエンサーをお招きし、あなたの幸福度を上げる価値ある情報や出会いをどこよりも早くお届けします♡宜しければ『恋活Cafe』ブックマークして下さいね。:.゚ヽ(´∀`。)ノ゚.:。 ゜