RanQ

Manarahot4

20代と30代の肌はこんなに違う!30代になったらやるべき3つのこと

  • Thumb dh5fpxbv0aatr03
  • 1
  • 192View

30代になって20代の頃と肌質が変わった気がしませんか?

美容外科、美容皮膚科のアンケートによると20代と30代では肌の悩みが大きく違うという結果が出ました。

 

20代の肌のお悩み1位は「ニキビ、ニキビ跡」、2位は「毛穴」です。

それに対して30代の肌のお悩み1位は「しみ」、2位は「たるみ」です。

 

30代のお悩みの大元の原因は水分量や油分量の不足です。

20代でも乾燥肌に悩む人は少なくないですが、そこまで深刻ではありません。

しかし、30代になると20代と比べてさらに水分量は減り、肌に影響を与えます。

さらに、年齢を重ねるとともに皮脂量や女性ホルモンの分泌、基礎代謝までも減っていきます。

すると、肌のターンオーバーが遅くなりシワやシミの原因になってしまうんです。

 

ここで大切なのは、肌のターンオーバーが遅いからといって促進させすぎないこと。

一般的に20代女性の肌のターンオーバーは28日程度ですが30代、40代の肌のターンオーバーは45日程度と言われています。

30代、40代の肌のターンオーバーが遅いからといって促進させすぎても肌トラブルの原因となってしまいます。

大切なのは年齢に応じた肌のターンオーバーをさせること。そのターンオーバーの周期を乱さないことです。

今回はターンオーバーを整えるのに必要な3つのことをご説明します。

1 正しい洗顔と保湿をしてターンオーバーの正常化を

ターンオーバーを整える上で重要なことは「清潔を保つ正しい洗顔」と「保湿」です。

洗顔をすることで肌についた酸化した皮脂や汚れ、古くなった角質を落とし肌の保湿をしてバリア機能を正常にする。

すると、ターンオーバーは正常化されます。

 

ここで大切なのは「過剰な洗顔」、「過剰なスキンケア」をしないことです。

刺激の強い洗顔や洗いすぎで、お肌を傷つけたりセラミドを流しすぎてしまいターンオーバーを早めてしまうからです。

洗顔をする際はしっかりと泡立てて泡で洗うことを意識してください。

また、洗顔料を使った洗顔は1日2回までとし、乾燥肌や敏感肌の方は1日1回で済ますことを基本にしてください。

乾燥肌や敏感肌の方はバリア機能が低下しているので、アルカリ性の洗顔料は避けてください。

バリア機能が破壊される危険性があります。

できるだけ弱酸性の洗顔料を使うべきなのですが、弱酸性の洗顔料は洗浄力が低いため強い界面活性剤を配合していることがあります。

弱酸性が全てお肌に優しいわけではないことを理解しておきましょう。

 

保湿の三大要素は「皮脂膜」「天然保湿因子」「細胞間脂質」で、この3つが健やかな状態であれば表皮常在菌の働きと相まって、乾燥のない十分に保湿された肌を手に入れることができます。

洗顔後のスキンケアで目指すのはこの状態ですが、過剰にスキンケアすると人の肌が自ら兼ね備えている保湿する能力が弱まっています。

あくまで、スキンケアはサポートであるということを理解することが大事です。

なので、日常生活のバランスの悪さをスキンケアでは取り戻すということは誤った考えになります。

 

他にも、ピーリングをするのも良いと思います。

しかし、これもやりすぎない程度に週1回を目安にしてください。

また、週に1度メイクをしない日を設けるのもオススメです。

2 ターンオーバーを整える日常生活

肌のターンオーバーを正常化するには、体の内側からターンオーバーを整えることです。

そのために「食事」と「睡眠」を見直してみましょう。

 

バランスの良い食事は特に大切です。

ダイエットをするために炭水化物やタンパク質を抜いて、野菜だけを食べる方は多いと思います。

人間の体を作っているのは炭水化物やタンパク質です。ターンオーバーを正常化するためにも炭水化物やタンパク質を積極的に摂取してください。

また、野菜などから摂れるビタミンやミネラルもターンオーバーには重要ですので全ての栄養をバランスよく摂ってください。

足りない栄養はサプリメントから摂るのも一つの手です。

サプリイメントについてはこちらの記事を参考にしてください。

サプリメントは大きく分けて2つに分けられる!取るべきサプリとやめるべきサプリ

 

 

また、ターンオーバーは眠っている時に活発に行われるので、睡眠も大切です。

睡眠には成長ホルモンだけでなく、活性酸素を取り除くメラトニンという物質も関わってくることがわかっています。

このメラトニンは21:00ごろから分泌され始め、真夜中にピークを迎えます。

この時間に眠っていると活性酸素が取り除かれ、ターンオーバーの正常化をサポートします。

成長ホルモンも22:00〜2:00の間に最も多く分泌されるので早く寝てこの時間に熟睡することが重要です。

睡眠の質の上げ方についてはこちらの記事を参考にしてください。

睡眠に大切なのは”時間”ではなく”質”

3 適度な運動がターンオーバーの効果を高める

運動が美肌につながる理由は主に筋力アップにあります。

筋力がつくことで基礎代謝の向上が見込めるため、脂肪の燃えやすい体づくりにつながります。

また、運動によって血行が良くなるのも大きなポイントですね。

血流が促され体温が上がり、汗をかくと老廃物を体外に排出しやすくなります。

なので適度に運動をすると、血管のつまりや冷えが起こりにくい体となり、肌のターンオーバーの力も高めてくれることになります。

さらに、運動は成長ホルモンの分泌を促すことになるので、睡眠中のターンオーバーの正常化につながりますね。

 

どこを鍛えると良いかというと、下半身になります。

血流を下から上へと押し上げるには下半身の筋肉が必要になりますが、女性の場合、筋肉がつきにくいため下半身の血流が滞ってむくみがちです。スムーズな血液循環のためにも、下半身の筋力アップをオススメします。

 

 

 

 

いかがでしたか。

30代になると肌のターンオーバーの時期は遅くなるため1回のターンオーバーあたりの効果を上げることが美しくなる秘訣です。

今回の3つのことを毎日実践して美しい肌と美しい体を手に入れてください!

Thumb dh5fpxbv0aatr03

GBF

Girls Beauty Face 主に女性に役立つ美容情報について書いていきます。