RanQ


(必見)ウユニ塩湖まで格安!10年で超快適に進化!ボリビアバス事情

  • Thumb thumb illust 52
  • 1
  • 95View

  ボリビア国内で格安で、しかも予定の立つ移動手段といえば、地元の人達からもまだまだ一番人気の長距離バス!

  この記事ではボリビアの長距離バスを賢く使ってウユニ塩湖に行く方法もご紹介。

Imagen relacionada

 ボリビアの方々にとってまだまだ欠かせない交通手段長距離バス。その実情はいかに?

1 ウユニ塩湖までのアクセス方法

一番簡単なのは勿論サンタクルスからウユニまでの直行便を買う事。しかしながら直行便は割高な事が多いので、大都市間の数あるバス会社、運行時間から選び、乗り換えて行った方が安くあがる場合が多い。例えばまずサンタクルスーコチャバンバ間のチケットを買い、今度はコチャバンバでオルロ行きを買い、最後にオルロでウユニ行きを買う方法は一番安くあげられる可能性が高い。ただし乗り継ぎがうまく行かず、無駄に時間がかかる可能性も否定できないので、時間のない方は直行便がお勧めだが、飛行機代に比べれば超お得。
 1例 サンタクルスーウユニ直行便 200bs
    サンタクルスーコチャバンバ間 30bs、コチャバンバーオルロ間15bs、オルローウユニ間40bs   トータル 85bs

2 バス会社

 Resultado de imagen de flotas nuevas en bolivia

 ボリビアではバス会社によって同じ行先でも値段が大きく異なります。ちなみに値段も”時価”で文字通り1時間後には安くなったり高くなったりします。一番安くなるのは出発前に売れないバス会社が一つでも座席を売ろうと一生懸命頑張っている時です。逆に人気のあるバス会社は強気で、値段交渉に応じなかったりします。1番人気はトランス・コパカバナ↑という上の写真の会社。別に特別サービスがよいとか、安全とか、清潔などという訳ではないがただバスを沢山持っているという理由で選ばれている。

 

3 バスの種類

Resultado de imagen de flotas nuevas en bolivia

   昔はボリビアのバスは全てボロボロでしたが、 ここ10年ほどで大きく変わって来ました。今では4種類のカテゴリーがあります。次の通り↓

1、ノルマル(普通の観光バスの座席、左右2列ずつ。エアコン、ヒーターなし)

2、ブスカマ(左右2列だが、↑より座席が一回り大きく、リクライニングも大きい。エアコン、ヒーターなし)

3、レイト(3列シート。通路は1席と2席の間にあるもの。シートの大きさ、座席のスペースが普通の2倍ぐらい。エアコン、ヒーター標準装備)

4、エヘクティーボ(3列シートの更に豪華バージョン全ての座席が離れているタイプ。席と席の間には必ず通路があるもの。エアコン、ヒーター標準装備)

 ちなみにチケットを売るときは、色々なサービス内容(テレビ、音楽、エアコン、ヒーター、ブランケット、食事、コーヒー、軽食などなど)を保証してくるが、9割方ウソです。驚くことなかれ。 一つでも本当だったら逆にびっくり。

 

4 ボリビアのバスを賢く使うには?

Resultado de imagen de venta de boleto de flota en bolivia

  バスのカテゴリーは人それぞれ価値観の違いなどで別れる所ですが、共通して言える事はなるだけ安く買うには”とにかく意思表示”が重要です。日本人に一番難しい所ですが、ラテン系全般は自己主張に慣れている人種です。ですので言ったもん勝ちです。とにかく大げさな位言い値よりも低い金額(半値など)を言ってみると意外に値段が下がります。ただしここで重要なのが”感じよく言う!”事です。反感を買っては絶対にいけません。荷物を故意に誰かに盗ませるなど大変な目に遭います。なので”お金ないんでおねがいしますよ~”的な感じで憐れみを誘うか、”安くできるんでしょ~?”的にギャグ風に言うなど工夫してみてください。でも必ず10ボリビアーノ位は下がります。