RanQ


英語で日用品 あなたの身の周りの物 英語でなんて言う??

  • Thumb thumb illust 52
  • 30View

英語の勉強が続かない

いつかやりたいんだけど、何からやれば良いか分からない

英会話に挑戦してみたんだけどイマイチだった….

 

あなたが、もしそんな風に思っているのなら、このお話は参考になるかもしれません。

 

今までは、あなたができなかったのではなく、あなたにとってしやすい勉強方法を知らなかっただけなんじゃないかと思います!

英語ってこんな具合で勉強すれば良い、ってことをお伝えできれば幸いです!

1 あなたの英語「言い方」に凝りすぎてませんか??

 

たとえば….

「空港でのやり取りを英語でなんと言う?」とかって要らなくないですか!?

 

空港でのやり取りやレストランでのお会計などなど、シチュエーションごとに流れって決まってきます。

 

でも、でもですよ!

 

そんなにしょっちゅう海外旅行したり、ましてや日本語の通じないレストランに行くことってなくないですか!?

 

もっとわたしたちが英語にしたいことって、身近なこととか、今感じていることなんじゃないでしょうか??

 

だって、それができちゃえば、空港に行ったって、食事に出かけたって、

分からなければ質問しちゃえば良いんですもの!!

 

今回は、シチュエーションではなく、身の回りのことに英語で自由になろうってお話です!

2 あなたの身の周りの物 英語でも名前があるんですよ

 

意外とパッと出てこない身の回りの言葉、いくつか挙げてみましょう!

 

 

ごみ箱

石鹸

ズボン

漫画

化粧水

乳液

日焼け止め

洗面所のタオル(洗面所じゃないと”towel”

リップクリーム

メガネ

コンタクトレンズの保存液

冷蔵庫

ガスコンロ

燃えるゴミ

燃えないゴミ

扇風機

エアコン……

あとは、お腹いっぱいとか

 

 

意外と言えそうで言えないものって多くないですか??

レストランではゼッタイ使わないけど、普段使いはかなりするものばかりです。

 

こういったことばから覚えていって、どんどん英語を身近に感じるっていう勉強方法が大切なんですよね、本当に。

 

 

先のことばを英語にしてみると….

 

ごみ箱 trash can/ garbage can

棚 shelf

石鹸 soap

ズボン trouserspantsは下着!)

漫画 comic/ comic booksbooksなくてもいいよ)

化粧水 toner

乳液 lotion

日焼け止め sunscreen/ sunblock

洗面所のタオル washcloths

リップクリーム chap stick

メガネ glasses

コンタクトレンズの保存液 solution (for contact lenses)

冷蔵庫 fridge

ガスコンロ gas stove(電気コンロ electric stove

燃えるゴミ burnable burn(燃やす) + able(ことのできる)

燃えないゴミ nonburnable non(ない) + burnable(燃やせる)

扇風機 fan

エアコン air conditioner

 

 

ある場面での受け答えも大事だけど、身近なものの英語もちゃーんと知っておけば、もっと英語を楽しめるようになりますよ。

 

むしろ、「空港ではチケットが買える」けど、「エアコン止めてが言えない」なんてことになったら大変です。

3 英語がもっと あなたの身近になる!

 

身近なことを英語にするってどういう感じなんでしょうか?

 

英語は、日本語みたいにきれいに作らないことがコツ!!

それを踏まえて、いくつかありそうな身近な出来事を挙げてみたいと思います。

 

「エアコンが調子悪くて、すっごい部屋が寒い」

 

こんなことないですか?? わたし、あります()

英語にすると どうなんでしょうか….

 

“It’s so cold in my room. The air conditioner isn’t working well right now.”

 

例えばこんな具合。

 

英語がパット出てこないときは、おそらく、

「エアコンが調子悪くて」と「すっごい部屋が寒い」を一言で言おうとしている時じゃないですか??

 

でも、英語って日本語と違って、文と文がくっついてなくても問題ないんです!!

 

このまま「エアコンの調子が悪い」「部屋が寒い」って言っちゃうと日本語ではおかしく聞こえちゃいますが、

英語だとすっごくナチュラルなこと。

 

どうですか??

そう思うと、意外と身近なことも英語にできちゃいそうじゃないですか??

4 英語がもっともーっと あなたの身近になる!

 

「お腹いっぱいで動けない」なんて時はどんな風に表現しましょうか?

 

“I’m so full that I can’t move.”

 

もうお腹いっぱい食べ過ぎて寝っ転んだまま起き上がれない~….的なニュアンスですね。

今回は”that”でつないじゃいましたけど、

 

“I’m so full. I can’t move”って2文に分けても、もちろんオッケー!!

 

 

「プリン冷蔵庫に入れておいたんだけど知らない?」とかいかがですか?

 

“I kept a pudding in the fridge. But I can’t find it. Do you know where?”

 

少し長く3文になってしまいましたが、こんな調子。

細かいところが気になるかもしれませんが、十分ですね。

 

こんな風に身近なことを英語で言ってみるって、意外とできてしまうことなんです。

 

大事なのは、「日本語と同じようにきっちり作らない」

「細かく、言いやすい言い方にしてやる」ということです!!

 

 

“The point is that you keep it simple.” (ポイントは、シンプルに表現してやること)

 

 

昔、わたしが英語を習いたての頃教えてもらっていた人に言われて、とっても印象的でした。

5 普段使いのことば → 身近な英語に

 

身近にあるものを英語にしてみて、身近な出来事を英語で表現してみる。

 

これが一番の日本での勉強の方法です。

身近にある事や自分の考えてることを表現できるようになったら、

電車の中で海外の人の会話が聴けるようになる練習とか、TOEICTOEFLで得点を狙ってみるのも良いかもしれません。

 

毎日の積み重ねがとっても大事。

毎日練習するなら、身近なことや良いなと思うもので練習するのが一番良いんです。

 

無理せず、興味のあることから英語を使っていく方法、ぜったいにおすすめです!!