RanQ


日本に起業家がリーダーが足りない根本の理由

  • Thumb new kigyoka
  • 4
  • 548View

 

 

18歳のときに起業した。今では高校生起業家もいるような時代であるが、ほんの5年ちょっと前のその時には、ものすごい珍しいことだったように思う。

その中で、そんな甘くはないと説教してくるおっさんがたくさんいた。中にはもちろんもっともなことを言っている人もたくさんいたし、『お前のためを思って…』という前置きをして説教してくる人もたくさんいた気がする。

 

その時に、『お前とその周辺レベルの無能じゃ18歳でできないだけで俺もできないと決めつけんなよ』といつも思っていた。
特に根拠があるわけではなく、ただただそう思った。やると決めたらあとはできるできないとか考えている時間が勿体無いと思っていて、若いのもあったし無根拠に『お前らとは違う』と思っていた。

実際、それなりにうまくいったと思うし、ビジネスとしてはちゃんと黒字を続けることができたので、一応のところ起業して食っていくというレベルにはたどり着いた(厳密に言うと、会社を作る前から月に100万円くらい収入があったので当たり前っちゃ当たり前かもしれない。)

 

少なくとも起業したかったらそう考えるといいと思う。

この国に起業家が足りないのは純粋に『自分の意思を貫く』とか『人に何か言われてぐらつかない』人間が少ないからだと思う。世の中そんな甘くないおじさんも多分若い時に同じことを言われてそれに屈してしまった過去があるのだろう。それじゃあ常識はいつまで経っても変わらない。

『うっせえバーカ』と言える若者が増えた方が起業家は増える。

 

 

Thumb new kigyoka

起業家.comの代表の人ツイッターはこちら