RanQ

Head main

驚くほど簡単に字が綺麗になる3つのコツ

  • Thumb img 0691
  • 10
  • 1317View

 

「字が綺麗になりたい…」

封筒に名前を書く時や手紙を書く時、「あぁ、もっと字を上手に書けたらいいのに」と思う人も多いはず。

今回はそんな人たち向けに「六度法」という字の上達方法紹介します。

「六度法」とは富澤敏彦さんという人が紹介している方法で、たった3つのコツで整った字が書けるようになるというものです。

 

どうやったらうまく字を書けるのかわからない。市販の字がうまくなるための本を読んだって、意識しなくちゃいけないポイントが多すぎて結局体得できずに諦めてしまいます。

 

1 右上がりを六度にする

1漢字あたり平均5本の横線があるといいます。その横線を六度だけ右上がり傾けて書くことに統一します。

 

2 右下に重心をかける

右上がり六度法だけだと全体のバランスが悪くなってしまうため、右下に重心を取るようにします。右サイドの縦画を左サイドより伸ばしたり、右払いを伸ばしたりします。

 

3 「等間隔法」

これは他の教本でも言われていることですね。文字の複数の縦線や横線があるのであれば、その間隔を統一するというものです。