RanQ


厳選!銀魂おすすめエピソードランキングを徹底紹介!

  • Thumb %e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88 2018 10 26 0.07.44

銀魂のおすすめ長編をランキング形式でまとめてみました。あらすじや名シーンなどくまなく乗っているので、ぜひチェックしてみてください!

4.銀魂 オタク大学生の長編レビュー バラガキ篇を徹底解説!

ゴロツキの集まりではあるものの、江戸の平和を守る真選組。エリート集団の集まりである見廻組の戦いを描いたエピソードです。

また、真選組鬼の副長土方十四郎の過去も描かれ、彼の生い立ちについても明らかになるエピソードです。

 

また銀魂のストーリー展開として見廻組の佐々木異三郎、今井信女などの重要キャタクターも登場し、今後の物語に関係する伏線も多く用意されているエピソードです。

1 バラガキ篇の基本情報

バラガキ篇の連載・放送情報

コミックス収録巻:42巻(三百六十五〜三百七十訓)

アニメ収録巻:銀魂’ 11~12巻(244~247話)

アニメ主題歌:OP FLiP「ワンダーランド」ED Good Coming「仲間」

あらすじ

第244話「チェケラ!」

土方「あいにく、俺のフォルダの区分はバラガキしかねーんだ」

幕臣の中でもエリートばかり輩出している名門佐々木家から、佐々木鉄之助という男を迎えることになった真選組。本来は警察のエリートばかりが集まる「見廻組」に行くのが筋だが、実は手が付けられない問題児で、いろいろとたらい回しにされ真選組へ送られて来たのだ。

近藤の提案により土方の小姓になった鉄之助 (自称TETSU)。全てにおいてチャラいTETSUにイラつく土方は理性を抑えるのに必死。そんな中銀時に遭遇してしまう。

ラップバトルを始める銀時とTETSU。銀さんが以外なラップのセンスを見せつけますが、突然後ろから車で引かれます。車から降りて来たのはTETSUの義理の兄であり見廻組局長・佐々木異三郎。銀さんを族として公務執行妨害で逮捕します。

TETSUは局中法度で斬っても構わないと言い放つ佐々木。土方が気がつかないうちに、携帯を抜き取り、自分のアドレスを登録します。しかし逆の佐々木の携帯を切り捨てる土方。自分のフォルダにはあいにく「バラガキ」しか登録しないと言い放つ。

見廻組ともめてしまう真選組。TETSUは自分のせいで、真選組がもめてしまった。自分のような妾の子供は煙たがられる邪魔者だと近藤に相談する。その時に、近藤は土方の過去について語る。

 

第245話「茨ガキと薔薇ガキ」

銀時「人間は四捨五入したらみんな犯罪者だバカヤロー」

心機一転、意欲的に職務をこなしていく姿勢を見せる鉄之助。土方は自分と同じ境遇の彼を見捨てず世話を焼く。初めて自分の居場所を見つけた鉄之助。その姿を見た土方は、自分の兄への手紙を為五郎に託します。

一方、公務執行妨害で見廻組に逮捕されていた銀時は、異三郎から潜入捜査を引き受け、攘夷浪士のグループ内に潜入します。

土方から手紙を届ける命を受けた鉄之助。だが、道中で過激攘夷集団知恵空党 (チェケラとう) に囚われてしまう。彼らは身分を隠し党に出入りしていた鉄之助が警察の縁者だと知り、彼を人質にとり真選組と見廻組を一気に潰そうと企む。

第246話「悪ガキどもの祭典」

しかし見廻組は人質に構うことなく知恵空党を潰し、さらに鉄之助を預かった真選組に責任を取らせ消し去ろうとしていた。異三郎の狙いを知り憤慨する土方たち。真選組と見廻組の全面戦争が始まる。

真選組と見廻組が争っているように見せかけ、土方は、別働隊に鉄之助を助けに向かわせます。しかし、同じことを考えていた見廻組。暗殺部隊出身の今井信女を送ります。スイッチが入ってしまうと、敵味方関係なく切りつけてしまう信女。止めるために沖田が対峙する。

一方で佐々木と戦う土方。銃と刀を使いこなす闘いぶりに、翻弄される土方。一方的に仕掛けられる攻撃になすすべがないが・・・?

第247話「バラガキからの手紙」

土方「悪ガキが悪ガキ救わないでどーすんだよ」

知恵空党(ちぇけらとう)に囚われた鉄之助を救いに向かう真選組の前に、見廻組が立ちはだかる。両者一歩も譲らぬ状況の中、見廻組のスパイとして知恵空党に潜入中の銀時の活躍により、乱暴だが鉄之助の身柄を確保することに成功! 近藤の号令とともに、反撃に出ます。

事件もひと段落し、土方は義理の兄に手紙を書きます。その手紙を届けにいく鉄之助。そこで土方の義理の母に出会います。盲目の兄のためにいつも手紙を読んでいた母。手紙を開けて為五郎に読み聞かせようとします。手紙に書かれた驚きの内容とはー。

登場人物

土方十四郎(cv.中井和哉)

真選組副長であり本エピソードの主人公。このエピソードで過去が明らかになる。

佐々木鉄之助(cv.伊藤健太郎)

名門佐々木家の妾の子。異三郎は義理の兄。

佐々木異三郎(cv.森川智之)

三天の怪物と言われ、文武両道のエリート。今後の銀魂のストーリーで重要な役割を果たすキーパーソン。

今井信女(cv.平野綾)

暗殺組織から見廻組入隊という異色の経歴をもつ謎多き人物。

2 バラガキ篇のみどころ

土方十四郎の衝撃の過去とは・・・?

これまで過去について、あまり描かれることがなかった土方ですが、ついに過去が明らかになります。鉄之助と同じように妾の子として育てられた土方。近藤に出会い、道場入りするまで、土方はどんな生活を送っていたでしょうか?

またラストシーンでは土方の義理の兄である為五郎に手紙を書きます。土方らしいその内容はぜひアニメを見てチェックしてください!

銀さん&土方最強タッグ!

今回は見廻組の手先として潜入捜査を行う銀さん。しかし、佐々木の狙いを見抜いた銀さんは、土方と共闘します。普段は犬猿の仲で対立する二人が協力しあう姿は胸熱です

今回の事件の黒幕はまさかの人物・・・

見廻組と真選組の戦いの後で、瓦礫の中で、佐々木と高杉が会話するシーン。言葉数少なく二人で会話していますが、本来幕府側と攘夷浪士という対立している二人がつながっていることが明らかになります。また佐々木は「この瓦礫の海を更地に変えるとき」と言っていますがこの言葉の意味とは?またこの二人の繋がりはストーリーにおいて重要なシーンになっています。この佐々木の過去についてはさらば真選組篇で明らかになります。